部屋探しと更新料

部屋探しの更新料とは

契約は2年間が基本で、継続して住む場合は更新料を払います。部屋探しの更新料は法律に明記されているわけではありません。ではなぜ法律で定められていないのに、当然に扱われているのか。理由を説明しましょう。

部屋探しの更新料は不動産会社に払うのではなく、大家さんに全額支払われます。そして更新手続きを不動産会社に代行してもらうと、家賃の半月分が代行料になります。つまり不動産会社の定期的な収入になります。部屋探しで見てほしいのは、更新料が1.5ヶ月分の物件です。

1ヶ月分がほとんどの中、どうしてちょっと高いのでしょうか。2つの理由が考えられます。1つは、大家さんが1ヶ月分もらいたい場合です。すると代行料の半月分はあなたが負担している事になります。

1つは大家さんが更新の手続きを代行してもらうか、決めかねている場合です。部屋探しの時、どの場合であっても1ヶ月分に交渉できる可能性を頭にいれて置いて下さい。部屋探しのテクニックというほどのことではないですが、更新時に一言「更新料1.5ヶ月は高くないですか?」「1ヶ月分にしてもらえませんか?」と話してみましょう。

100%確実とはいえませんが、1ヶ月分に下げてもらえる確率は高いです。部屋探しをする時は更新料の欄も確認しておきましょう。まれに0や半月分のところもあります。部屋探しで家賃や敷金・礼金ばかりに目がいってしまい見逃しがちです。気をつけましょう。