部屋探しと礼金について

部屋探しの礼金とは何か

部屋探しの時の、礼金とは何でしょうか?その意味を知れば知るほど、意味のないもので、なぜ部屋探しに残っているのか、疑問に思う事だと思います。礼金とは、戦後の焼け野原で住むところがない人達が、大家さんに住まわせてくれてありがとうと、お礼の意味で包んだ事から始まったものです。部屋探しに今でも残っているのはなぜでしょう?

礼金の一部が不動産会社に、支払う部屋探しの紹介料に充てられているからです。礼金が慣習になっているので、大家さんには自腹を切って不動産会社に部屋探しの紹介料を払うという習慣がありません。例えば入居者から2ヶ月分もらったら、1ヶ月分を不動産会社に支払うのが習慣になっています。

不動産会社には、仲介手数料を払っているのに、大家さんが不動産屋に支払う部屋探しの手数料も、あなたが支払っている事になります。意義を唱えても、今は礼金を払わないと借りることが出来ません。部屋探しをする時は礼金の交渉をしてみましょう。なぜなら、礼金は返金されないからです。

入居してすぐ「もう引越しするから返してほしい」と、何を言っても絶対に返ってはきません。近年建物が多くなりすぎて、うまらず余っているので、部屋探しをする借り手の方が強くなります。事実不動産会社は大家さんを説得して礼金を安くするよう交渉し、少しでも多く部屋探しをするお客さんを呼ぼうとしています。チャンスなんです。