部屋探しと敷金を知ろう

部屋探し敷金の意味

敷金の意味は、借りるあなたが大家さんに預けておくお金。ただの預り金です。部屋探しの後『家賃の未払い、退室時の修繕・清掃費が発生した場合に、その額をいただきます』というものです。部屋探しで支払う敷金は、決して紹介してもらった不動産屋のものではありません。部屋探しの敷金は契約時にちゃんと、大家さんに渡されています。

このことから考えると、預けてあるだけなので敷金の値引き交渉は意味がありません。民法では、『あなたの債務(家賃の支払い等)を担保するために、大家さんに渡すもので、契約終了時にあなたが債務不履行(家賃の未払い等)がなければ返金するもの』となっています。つまり、部屋探しで払う敷金は、債務不履行がなければ返金されるものです。

テレビや雑誌で「退去時の修繕・清掃のどの部分をあなが負担し、大家さんの負担はどこまでか」と、部屋探しの敷金トラブルについて、取り上げられています。法律に、具体的にどちらが負担するかの項目がありませんので、部屋探しをする方が不安になるのも分かります。部屋探しの敷金について、テレビや雑誌の報道が偏りすぎていて、大家さんだけが悪者にされています。

全ての大家さんが、取り上げられているような事をしている訳ではありません。部屋探しをする方の中には「退去時にいくら引かれるか契約書に金額を明記しろ」なんて方もいますが、ちょっと無理な話ですよね。